アスペルガー症候群の特徴について

アスペルガー症候群とは

スポンサード リンク

アスペルガー症候群とは、一貫した能力と行動パターンがあるものの、知的障害が見られない発達障害をいいます。

そしてアスペルガー症候群の子供は、学校では能力のアンバランスが目立ち、過去の事をよく覚えていたり、特殊な興味に異常な集中力を発揮したり、独創的な方法で問題を解いたりします。

一方で、他の子供が興味を持つ活動への関心のなさ、一部領域の学習能力の障害、動作の不器用さなどが見られます。

さらに具体的な臨床的特徴として、共感性の欠如・一方的な接し方・交友関係を作る能力の欠如・特定の関心事に我を忘れる・動作のぎこちなさ等があります。

なおアスペルガー症候群は自閉症の一形態で、広汎性発達障害という見方が一般的であり、広範囲の多用な能力の発達に影響が及ぶとされています。

またアスペルガー症候群は、典型的な自閉症よりはるかに大きな広がりがあり、以前は自閉的と見られなかった子供でも、アスペルガー症候群と診断されるケースがあります。