感覚の敏感性

感覚の敏感性

スポンサード リンク

約40%の自閉症児に、感覚刺激に対する感受性の異常が認められますが、アスペルガー症候群もその頻度は同様であると考えられています。

そして感覚器系に異常があるために、ごく普通の感覚刺激が耐えられないほど強烈に感じてしまい、その事を考えただけで強い不安に襲われたり、パニックを引き起こします。

さらにそうした過敏さは、児童期後半に減少することが多いですが、生涯を通じて継続する人もいます。

そして最も一般的なのが、音の刺激と触覚刺激に対する過敏さですが、味覚・強い光・色・香りに敏感な人もいます。

一方でそれとは対照的に、他の人にとっては耐えられないような痛みや熱さに、最小限の反応しか示さなかったりします。