社会的ふるまい

社会的ふるまい

スポンサード リンク

アスペルガー症候群の人は、独特な社会行動と話し方の特徴により、他の人達から初対面で変わっているという印象を持たれます。

そして、アスペルガー症候群の社会行動の診断基準として、仲間関係を作る意欲・能力の欠如、社会的サインの理解の欠如、社会的・感情的に不適切な行動などがあり、これらの少なくとも2つが該当するとしています。

また非言語コミュニケーションの基準として、身振りを示すことが少ない、表情が乏しい、表現が場面に合わない、よそよそしい等が挙げられ、これらの少なくとも1つが該当するものとしています。

さらにアスペルガー症候群の子供達は、利己的というよりも自己中心的で、仲間との遊びで観察者となっていることや、自分よりずっと年少か年長の子供と一緒にいる方を好む傾向にあります。

そのうえ一緒に活動する遊びをしている時には、人にする事を強いたり指図する傾向があり、社会的ふるまいの暗黙のルールに気付いてないと見られ、人を怒らせたり困らすような言動をしてしまいます。